アキラボーイ2020年活動まとめ

デジタルトイボックスならびにアキラボーイの2020年の事業報告を行います!


2020年最初はやはりデジタルショーで始まりました!
アキラボーイのメインコンテンツです!
1月頭から時期的にも繁忙期の真っ最中を迎え、この頃はほぼ毎日デジタルショーやデジタル講演会を全国各地で行なっていた状態で、
その上、家事育児もガッツリとこなしていたので、
疲労困憊状態で、もう働くのが嫌で仕事を断って休みたいと思う時期でした。
この後、とんでもなく長期休みが入るとはw
休みたいという夢が叶ってしまいましたw
言霊って恐ろしいねw


そしてNHKの「おかあさんといっしょ」に提供しているかおだしデジタルパネルも、
2019年に引き続きNHK関連のイベントなどで展開。
さっぽろ雪まつりでのイベントにも展開したけど、この頃はコロナが広がってるなんて夢にも思わなかった。。
当時北海道は雪まつりのせいでコロナが広まったんじゃないか!雪まつりなんてやるな!
なんて批評が相次ぎましたが、今思うと、コロナが蔓延したのは、間違いなくすすきの関連ですねw


2月もまだまだイベント絶好調期で、オリンピック需要に向けて制作した、「デジタルスポーツミュージアム」が好調で、
数多くイベント展開をしていました。
「デジタルスポーツミュージアム」のコンテンツ寿命がオリンピックまでと考えていたので、
オリンピックが延期となった時に、「やったーコンテンツ寿命が1年伸びたぜーw」と喜んだのがバカの始まりでしたw


2月末にはコロナが蔓延し始め、イベントに影響が出始めました。
この頃初めてマスクをつけたりと、
コロナ対策を行なったイベントも行ないました。
これを続けるのはなかなか厳しいなという感想でしたが、すごいもんでもう慣れましたw
人間慣れればなんでも出来るw


また今年から本格的に、バンダイナムコと協業に入り、
バンダイナムコのゲームセンターにタヌキチくんのゲームを展開する計画がスタートしました。
「自分のゲームが作りたい」と願っていた大学生の頃の夢が叶ったような気がします。
ゲーム会社に就職するのをやめて、芸術家になって、デザイナーになって、芸人になって、とめちゃくちゃ遠回りしたけど、
夢が叶う時ってこういうもんだと思いますw
ただ、これもコロナが来て一旦中断に入ってしまいました。。

そして3月も20件近くのイベントキャンセルにあい、壊滅的な状態で、
いよいよ来ました4月の緊急事態宣言。
収入が0になりました。。
ちーん。。。

そしてオリンピック需要に合わせた、
たくさんのイベント案件も全てキャンセルに。。
今年はかなり調子が良かったので、
会社を拡大させるぞー!と意気込んでた最中の出来事で相当出鼻を挫かれました。。

コロナになってまず行なったのが、
会社の支出の削減です。
まず初めに悲しいかなアルバイトの解雇です。
数々いたアルバイト人員もいなくなり、
今はもう社員1人しかいません。。

そしてそれに伴い、
事務作業の負担を減らすべく、
メールが来たら、メール文章を分析し、
自動的に返信メールを生成する、
自動返信メールシステムを構築しました。
アルバイトの代わりをAIで解決しようという、
イマドキっぽい手法です。
これめっちゃいいです、もうどこの会社もやったほうがいいシステムw

そして5月になると、今度はオンライン需要がとても上がりました。
オンラインで何か出来ないかという案件で、
うちはあまりやってきていなかったことでいたが、
とりあえずオンラインコンテンツの制作を始めました。
ただ慣れていないオンライン制作がうまくいかず、
やはりコロナ禍でのイベント展開を再開するための案をひたすら練っていました。

そして緊急事態宣言が明けて、
問い合わせもかなり増えイベント業も復活かと思われた矢先に、
東京の小劇場でのクラスター事件。
これで相当な数のイベントキャンセルを受けました。
あれはイベント業界を壊滅されるほどの本当にひどい話でした。。


そんな中、7月にようやくイベントが復帰。
これは小規模イベントは生き残るだろうという予測でイベント業を頑張ることにしました。
まぁ予測は割と当たったかなというところですが、思ったよりイベント数は激減しました。。
そしてこの頃衣装が新しくなりましたw
暇だったので一部自分で縫って作ったよw


そして8月にはコロナ禍になってから初めての展示系イベント。
7〜8月の早いタイミングでコロナ対策を学べたのはとても大きかったです。
学んだことを全て独自のガイドラインに落とし込み、その後のイベントに活かし始めました。
知識と実績も付き少しずつイベントが復活でき、これはほんとに運が良かった。


描いたらくがきと競争出来るゲーム「らくがきスーパー6m走」という新作も出来ました。


9月にはイベントが少しずつ入り始め、デジタルショーの方も、新作ネタ「合体超速ランナー」など作りました。
アニメ大声コンテストという作品が、コロナ禍で大声を出すのはよくないという事で、
この作品が入れ替わって展開しています。


コロナ対策の知識と実績で、デジタルスポーツミュージアムも少し展開出来るようになってきました。
というか、この展示系のイベントというのが、コロナ禍ではかなり生きていて、
ショーという形のイベントは短時間で一斉にたくさんの人を集めてしまう問題があるぶん、
展示系イベントは、時間で人を分散することができるので、
コロナ禍のイベントとしては、ショーよりも展示系イベントの方が向いていて、需要が高いということに気づきました。


また各作品もコロナ対策として、接触があったボタンを、
赤外線センサーや、カメラセンシング、マット型のボタンなど、全て非接触に作り直しました。


また9月に入りNHK案件で防災関連のイベントのお仕事がもらえたので、
そのコンテンツ制作をひたすらこなしていました。
消化器体験が出来るコントローラーなどを作ったよ。
というか内容が多すぎて今まだ制作が続いていますw


そしてイベント件数が激減したのにともない、
取れる仕事は全部取っていこう!と息巻いて、
制作案件の仕事も増やしていきました。
こちらはイオンモール大和で展開した「スーパー6m走」のスポーツカーオリジナルバージョンの制作。
イオンモール大和では阿波踊りバージョンも制作して展開しましたw


イベントが少ないから、制作仕事を増やそうと思って、
仕事を増やしていたら、イベントが忙しくなって来て、
忙しさのダブルパンチを食らうことになりましたw
11月は死んでしまいそうなほど忙しかったw
こういうの、たぶんコロナあるあるだと思いますw


そして久しぶりのテレビ案件も11月に。
おっかけ取材もほんと5,6年ぶりくらいかなw
テレビ案件は2件実はコロナ前に問い合わせがあったんやけど、
それがコロナで延期となってしまっていて、
それが復帰したのもどちらも11月。
世間的にもなんだかんだで11月はみんな忙しく希望があったんじゃないかなー。


ほんと11月はいろんなイベントで全国各地にGo toしながら制作もしていました。


12月には桜の木にプロジェクションマッピングを行なって展示物「デジタルサクラツリー」を制作、展示をしました。
この作品が桜の季節にも役に立つことを願いますw

しかしながらここでコロナ第三波到来。。
もうイベントキャンセルは起きないだろうと思っていたら、
またイベントキャンセルが起こる事態に。。

わいはコロナに関してかなり勉強したので、
第三波が来たとしても、感染原因がわかってるので、
特に心配もしていないのですが、
やはり一般的には知識不足が続いていて、
未だに怖いねーという人が多い。
#わいと言う主語。

もうね、はっきり言いたい。
換気が悪い、またはマスク外すから感染するんだよ、とw
イベントでも全員がマスクをして換気していれば、
まず感染しません。

それでもイベント中止にする。。

まぁリスクを取りたくないのはよくわかる。

ただただでも、
笑顔がなくなる世の中は絶対よくないと思います。
「リスクがあるから何もしない」ではなく、
「笑顔になるためにリスクを減らす努力をする」ほうが本当に重要なんじゃないかなと思います。

来年の目標として、
イベントがなくなって笑顔がなくなってしまった世界に、
引き続き笑顔を取り戻すための活動を行なっていく予定です。

何もしないって逆に無責任。
明るい未来へ、笑顔溢れる未来へ、みんなでまずは何か行動を起こそう!
あ、ただしコロナ対策は万全にねw
タヌキチくん「そやね〜♪」


ブログ

Posted by akiraboy