1. ホーム
  2. デジタル展覧会
  3. こどものゆめミュージアムフルバージョン


デジタルアート展覧会「こどものゆめミュージアム」とは?

こどもが思い描く夢、アニメの主人公の様になりたい!ゲームの世界に入りたい!タレントになってみたい!プロスポーツ選手の様なプレイがしてみたい!空を飛んでみたい!など、そんないろんな夢を一堂に叶えてみせる!
そんな夢の詰まったデジタルアート系の展覧会、企画展で、遊園地や商業施設、こども向けの施設、幼稚園、保育園、小学校など、様々な場所で展開中です。
ブログでチェック!→「こどものゆめミュージアム

「こどものゆめミュージアム」企画書

イベント業者様向け「こどものゆめミュージアム」企画書



機材設置の例

作品数が多いほど広い場所が必要となります。下記の図を参考にしてください。
また明るい場所での開催が難しいので、暗く出来るかなどの確認が必要です。




こどものゆめミュージアム作品群

その①ゲームの中に入る!「バーチャルゲームワールド」

こどものゆめその①ゲームの世界に入ってみたい!を叶えるデジタルアート作品

※らくがきゲーム工場のらくがき部分を削ぎ落として、シンプルにひたすらゲームを楽しむ事が出来ます。
らくがきゲーム工場と違うのは、ワークショップではなくなるので、完全無人型で運営する事が出来るのが一番のメリットです。
人手がかからない分人件費を削る事が出来ます。

その② アニメの主人公に!「アニメ大声コンテスト」

こどものゆめその②アニメの主人公になってみたい!の夢を叶えるデジタルアート作品

アニメの主人公の様に大声を上げながら体からオーラの様な闘気を出してみたい!
そんな夢を叶えるデジタルアート作品です。
最後に得点が表示されて得点をみんなで競います☆


その③ツッコミを入れろ!「体験!アニメ漫才」

こどものゆめその③ お笑い芸人になってみたい!漫才体験が出来るデジタルアート作品

世界初のアキラボーイが普段行っているアニメのキャラクターとの掛け合いの漫才、
「アニメ漫才」を子ども達が体験する事が出来ます。

タヌキチくんに話かけるとちゃんと喋り返してくれるので簡単な漫才を行う事が出来ます。

もちろんツッコむ事も出来ます!
イジり倒す事も出来ます!
タヌキチくんはしっかりボケもはさんでくれるので、しっかりとツッコミを入れて上げよう!

展覧会、企画展向けのデジタルアート作品です。


その④漫画サッカー!「スーパーシューター」

こどものゆめその④ 漫画の様なスーパーシュートを打ちたい!という夢を叶えます!

ボールを蹴る足のスピードを読み取って、その速度が速い程スーパーシュートを打つ事が出来ます。
遅いほどゴロボールになり、ボールの下をチップキックする事によりループシュートを放ちます。
どんなに運動が出来なくてもプロサッカー選手の様なスーパーシュートが打てる展覧会向けデジタルアート系作品です。


その⑤ 超能力!「サイキックパワー」

こどものゆめその⑤ 超能力を使ってみたい!を叶える展示型作品!

念力を込めて、ティッシュ箱に手を向けると、ティッシュが宙に浮きます。
手の動きに合わせて、ティッシュも動きます!
音楽や光での本気演出! ハイテク技術を駆使していますが、マヌケで笑えるアート作品です。


その⑥ お菓子の家作り!「おかしのまち」

こどものゆめその⑥ お菓子の家を作りたい!の夢を叶えるワークショップ作品

小さな木の家に、自分で自由にお菓子(食品サンプル)を貼付けて、オリジナルのお菓子の家を作っていきます。
作ったお菓子の家は、木箱に入れて、不思議な映像の物語の世界の中に入れる事が出来ます。
子ども達はお菓子の家を作って、作った後は、そのお菓子の家の物語を不思議な映像で見る事が出来る二段階で遊べるデジタルアート作品です。


その⑦ アイドルに!「アイドルドリーマー」

こどものゆめその⑦ アイドルになりたい!を叶えるデジタルアート作品

子ども達は、魔法のステッキを、スクリーンに向かって振りかざすと、ステッキから溢れる光が出てきて、
回せば回す程、リボンの様にクルクル光が子ども達を包みます。
横で踊るアイドルキャラクター達と一緒にレッツダンシングw
様々な手法を取り入れたデジタルアート作品です。


その⑧早く走る!「超速ランナー」

こどものゆめその⑧ 早く走りたい!の夢を叶えるデジタルアート作品

マットの上で走ると映像の中の背景が動き出します。早く足踏みすればするほど早く背景が動いていきます。
子供達は映像の中に登場するタヌキチくんと一緒に競争をします。
ただタヌキチくんはめちゃくちゃ早く、バイクに乗ったり、ロケットに乗ったりするのでそれ以上に走らないと勝てません!w
超速で走ってタヌキチくんよりも早く走ってみよう!


→こどものゆめミュージアムページへ戻る