デジタル芸人アキラボーイとは?

デジタル技術を利用したデジタルエンターテイメントを提案するお笑い芸人、それがアキラボーイです。

お笑い芸人としての営業イベントステージやテレビ、メディア出演などタレント活動以外にも、デジタルプロデューサーとして、キャラクター・グラフィックデザイン・映像制作・WEBコンテンツ・スマートフォン(iPad、iPhone)アプリコンテンツ開発なども手がけます。

→アキラボーイのプロフィール詳細はこちら

お笑い×デジタルアート

デジタルアートとは、コンピューターなどのデジタル機器を利用した芸術表現です。

デジタルアートとは?
ビデオやパソコンなどのデジタル機器を利用した新しい芸術表現として、1990年代前半から広まっていったアートジャンルの一つです。
パソコンとセンサー機器を利用したものも多く、映像の中のものに触ったり、観客の反応によって映像が変化するものなど、デジタルアートには様々なものがあります。

このデジタルアートとお笑いというジャンルを世界で初めてコラボレーションさせたのがアキラボーイです。
まさにお笑い映像パフォーマンスの先駆者と言われています。

リピート率も高い!想像以上の感動を。

高リピートを呼ぶそのクオリティと面白さと感動☆

「ほんとに来て頂いてよかったです。」とのメールをイベント終了後にもたくさん頂いております。
「また来年もお願いします。」と言われる程の高リピート率は、イベント内容のクオリティの高さ、面白さを証明しています。
多い所では、年に二回訪れる施設もあります。 どんな小さなイベントでも全力のエンターテイメントショーをお届けさせて頂きます。

世界初のアニメ漫才☆

お笑い、アニメ、そしてゲームの文化が発達した
日本だからこそ生まれたアキラボーイの「アニメ漫才」

アキラボーイのアニメ漫才とは?
映像の中のキャラクター(タヌキチくん等)とアキラボーイが掛け合いしながらの漫才を展開します。
映像のキャラと喋ったり、触ったり、お客さんに殴ってもらったり(笑)まるで生きているかの様に感じるアニメの相方と漫才☆それがアキラボーイのアニメ漫才です。
世にも珍しいこのお笑い映像パフォーマンスは、その奇抜な驚きから、子供から大人までを魅了しています。

日本特有の文化が生み出したアキラボーイのオリジナリティ、世界でも唯一の「アニメ漫才師」
アニメ漫才とは、アニメキャラクターの動きやわかりやすさ、お笑い特有の舞台上での間や空気感、ゲームの様な複雑な構成とプログラミング、この3つが組み合わさって出来た作品です。
まさにこの日本で育ったと言えるこの3つの文化が重なったからこそ、世界初のオリジナルコンテンツが生まれたと言えるでしょう。

アートコンテストでも高い評価を受けました
様々なアートコンテストにも受賞した作品であり、まさにオリジナリティが評価に繋がったと言える作品です。
受賞歴はプロフィールページにてご確認ください。 →プロフィールページはこちら

お笑い芸人アキラボーイをイベントに呼びたい!

アキラボーイは、各種企業イベント、営業ステージ、結婚式、披露宴、学園祭、学校イベント、忘年会、新年会、余興、各種メディア出演依頼などのお問合せお待ちしております!
直接交渉なので金額的にも他芸能事務所より格段に呼びやすいです☆
ただいま、パフォーマーイベント、大道芸イベント、デジタルアートイベントなど子ども向けパフォーマーの相談を受付中です!
まずはお気軽にお問合せください!

出演依頼はこちらから→メールフォーム




ページ上部へ戻る